歩き疲れて足が動かないの慣用句は?【足が棒になる】意味と使い方を分かりやすく解説!

たくさん歩き回って足が疲れて、足が動かくなるという意味の慣用句は「足が棒になる」です。

足が棒になる

意味

疲れて足がよく動かなくなること。

解説

長い時間歩き続けたり、立ち続けたりしたために、足が棒のように固く突っ張るほどひどく疲れた感じがすることから。

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)