人の弱みにつけ込むの慣用句は?【足元を見る】意味と使い方を分かりやすく解説!

人の弱いところにつけこんで、相手を困らせようと企むという意味の慣用句は「足元を見る」です。

足元を見る

意味

人の弱いところにつけ込むこと。

解説

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)