自分より優れていると認めるの慣用句は?【一目置く】意味と使い方を分かりやすく解説!

相手の実力を理解し、自分より優れていると認めるという意味の慣用句は「一目置く」です。

一目置く(いちもくおく)

意味

相手を自分より優れていると認めること。

解説

囲碁で弱いほうが先に石を置いてから勝負を始めることから。「一目」は碁盤の一つの目や一つの石のこと。

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)