適当にその場をごまかすの慣用句は?【お茶を濁す】意味と使い方を分かりやすく解説!

いい加減なことを言ったり、いい加減な態度をとって、その場をごまかそうとするという意味の慣用句は「お茶を濁す」です。

お茶を濁す

意味

いい加減な事を言ったり、したりして、適当にその場をごまかすこと。一時しのぎ。

解説

お茶を立てる作法を心得ない人が、抹茶を適当にかき回してそれらしく濁らせて、ごまかすことから。

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)