ひどすぎて見逃すことができないの慣用句は?【目に余る】意味と使い方を分かりやすく解説!

度を越してひどすぎて、これ以上見逃すことはできない状況という意味の慣用句は「目に余る」です。

目に余る

意味

度を越してひどいありさまなので見ていられない。許容範囲を超えていて、これ以上見逃すことができないこと。

解説

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)