弱点を言われて聞くのがつらいの慣用句は?【耳が痛い】意味と使い方を分かりやすく解説!

自分も分かっている弱い部分や弱点を、相手が的確について指摘をしてくるため聞くのがつらい状況という意味の慣用句は「耳が痛い」です。

耳が痛い

意味

自分の悪いことをいわれたり、人のいうことが自分の弱点をついていたりして、聞くのがつらいこと。

解説

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)