うまくいっている時に邪魔をするの慣用句は?【水を差す】意味と使い方を分かりやすく解説!

せっかくうまくいっていることや仲の良い間柄に対して、脇から邪魔をして関係性を悪くさせるという意味の慣用句は「水を差す」です。

水を差す

意味

せっかくうまくいっていることや仲の良い間柄などに、脇から邪魔をしたり、関係を悪くさせること。

解説

熱いお湯や濃いものに水を入れて、ぬるくしたり薄めたりすることから。

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)