すごく少ないものやわずかなものの慣用句は?【雀の涙】意味と使い方を分かりやすく解説!

数量や分量、金額がほんのわずかでまったく満足できるものではないことという意味の慣用句は「雀の涙」です。

雀(すずめ)の涙

意味

極めて僅かなもののたとえ。分量や金額がほんの僅かで、とうてい満足できるものではないこと。

解説

小さな雀が流すほどのごく少量の涙から。

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)