面倒を見て大切に育てるの慣用句は?【手塩にかける】意味と使い方を分かりやすく解説!

人や作物などを大切に思いながら、大事に育てることという意味の慣用句は「手塩にかける」です。

手塩にかける

意味

面倒を見て大切に育てること。

解説

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)