自分が一番すごいと勘違いのことわざは?【井の中の蛙大海を知らず】意味と使い方を解説!

世間知らずの人は自分の狭い考えや経験、知見だけで満足していて自分が一番すごいと勘違いしているという意味のことわざは「井の中の蛙大海を知らず」です。

井の中の蛙大海を知らず

意味

世間知らずの人は、自分の狭い知見だけで満足していること。自分が一番凄いものだと勘違いしていること。

解説

「井の中」とは井戸の中。井戸の中にいる蛙は、その井戸の中の世界が全てだと思い、本当の海を見たことがないことから。

使い方・事例

この実力だと、私の右に出るものはいないな!・・・この人、「井の中の蛙大海を知らず」だね。世の中にはもっと凄い人がいるのに・・・。

類義語(同じ意味のことば)

「葦(よし)の髄(ずい)から天井を覗く」

反対語(反対の意味のことば)