“石橋を叩いて渡る”

石橋を叩いて渡る

意味

とても用心深くて、慎重な様子。

解説

壊れるはずのない石の橋を、壊れないかと心配して叩いて確認したうえで渡ることから。

使い方・事例

彼はなかなか冒険しないね。「石橋を叩いて渡る」タイプだからね。

類義語(同じ意味のことば)

「念には念を入れる」「転ばぬ先の杖」「備えあれば憂いなし」「用意周到」「用意万端」

反対語(反対の意味のことば)

「出たとこ勝負」「当たって砕けろ」