才能ある人の真似をしてしまうのことわざは?【鵜の真似をする烏】意味と使い方を解説!

自分の才能のレベルやできる範囲を考えずに、他のすごい人のことを見よう見まねで真似をすると失敗するという意味のことわざは「鵜の真似をする烏」です。

鵜(う)の真似をする烏(からす)

意味

自分の才能のほどを考えずに、見よう見まねで人の真似をすると必ず失敗するということ。

解説

鵜(う)と烏(からす)は、どちらも黒い鳥で外見は似ているが、全然違うものということから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)