外見よりも利益があるかのことわざは?【花より団子】意味と使い方を解説!

どんなに外見や見かけが良くても、実際に役に立ったり自分の利益になったりするもののほうが良いものという意味のことわざは「花より団子」です。

花より団子

意味

見かけよりも、実際に役立つもののほうがよいこと。見て美しいものよりも実際に自分に利益になるもののほうがよいということ。

解説

花のように外見が美しいものよりも、お腹がいっぱいになる団子のほうがありがたいという意味から。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)