控えめが健康にいいのことわざは?【腹八分に医者要らず】意味と使い方を解説!

食事は満腹になるまで食べないで控えめに食べておけば病気にならないという意味のことわざは「腹八分に医者要らず」です。

腹八分(はらはちぶ)に医者要らず

意味

食事は満腹になるまで食べないで控えめに食べておけば病気にならないということ。

解説

「腹八分(はらはちぶ)」は腹の八分目。満腹の一歩手前の量。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)