“仏の顔も三度まで”

仏の顔も三度まで

意味

何度もひどいことをされれば、どんなにいい人でも怒り出すということ。失敗したり失礼なことをしてしまったりすることは誰にでもあるが、それを繰り返さないことが大切だということ。

解説

「仏の顔も三度なずればはらが立つ」の後ろの部分が省略されたもの。「なずれば」は「なでると」の古い言い方。「仏様のような人でも、顔を手でなでるような失礼なことを三度も(何度もの意味)された怒りますよ」ということ。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)