“百聞は一見に如かず”

百聞は一見に如かず(しかず)

意味

何度も聞くよりも、一度、実際に自分で見たほうがずっとよく分かるということ。人から話を聞くよりも自分で体験したほうが分かりやすい。

解説

人の話を百回聞くよりも、実際に一回自分の目で見て確かめたほうがよく分かるということから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)