“昨日の敵は今日の友”

昨日の敵は今日の友

意味

人の心や立場はすぐに変わってしまうものだから、簡単に信じてはいけないということ。

解説

「昨日の友は今日の仇」という室町時代から使われていた言葉を元に、その逆の言い方としてできたと言われている。どちらも「人の心とは変わりやすく、当てにならないものだ」という意味で使われる。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)