エコウォッシュボール画像 【PR広告】

コロンブスの卵

意味

どんなことでも最初に思いつき、実行することが一番むずかしいという意味。

解説

イタリア出身の探検家「コロンブス」が自分の航海の成功を妬む人に向けた名言。机の上の卵をその人に渡し、卵を机の上に立ててみるようお願いした。その人やその場にいた人はうまく立てることができない。すると、コロンブスはその卵の端を割って凹ませ立ててみせた。周りの人はそのやり方を批判したが、コロンブスは「人がそれをやってみせた後に真似をするのは誰にもできる。大変なのはそれを最初にやることだ」と話した。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)