うっかり発言が災難になるのことわざは?【口は災いの元】意味と使い方を解説!

うっかり発した言葉から災難や思いがけない苦労を招いてしまうという意味のことわざは「口は災いの元」です。

口は災いの元

意味

うっかり発した言葉から、災難を招いてしまうことがある。言葉は慎重に選んで話すことが大切だという戒め。

解説

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

「雉(きじ)も鳴かずば撃たれまい」

反対語(反対の意味のことば)