自分のせいで自分が苦しむのことわざは?【身から出た錆】意味と使い方を解説!

自分の悪いことが元で自分が苦しんでしまうという意味のことわざは「身から出た錆」です。

身から出た錆(さび)

意味

自分の悪いことがもとで、自分が苦しむこと。

解説

刃物が、刀身それ自体から出た錆でその価値を損なうことから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

「自業自得」「因果応報」

反対語(反対の意味のことば)