小さいときの習慣は変わらないのことわざは?【三つ子の魂百まで】意味と使い方を解説!

小さいときの習慣や身につけた性質は、大人になってもそう簡単に変わることができないという意味のことわざは「三つ子の魂百まで」です。

三つ子の魂百まで

意味

小さいうちの習慣や性質は、大人になっても変わらないこと。

解説

「三つ子」は三歳の子ども。「魂」は心の意味。三歳児の心は百歳になっても変わらないという意味から。英語では「豹の斑点は変えられない」、フランス語では「ゆりかごで習ったことは墓場まで続く」という同じようなことわざがある。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

「雀百まで踊り忘れず」

反対語(反対の意味のことば)

「氏より育ち」