誰でも癖を持っているのことわざは?【無くて七癖】意味と使い方を解説!

人は自分には癖はないと思っていても、無意識にしてしまっている癖が誰にでも七つはあるという意味のことわざは「無くて七癖」です。

無くて七癖(ななくせ)

意味

人は誰でも癖を持っている。癖がないように見える人でも七つくらいの癖はあるということ。

解説

「無くて七癖、有って四十八癖」とも言う。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)