情けは自分のためにするのことわざは?【情けは人のためならず】意味と使い方を解説!

人に情けをかけることは他人のためではなく、回り回って自分のためになっていくものだという意味のことわざは「情けは人のためならず」です。

情けは人のためならず

意味

情けは人のためではなく、自分のためだということ。

解説

人に情けをかけておけば、それが巡り巡って、やがて自分にいいことが回ってくる。だからどんな時にも人には親切にしておくべきだということ。情けは人のためにならないという誤った認識が多いが、その解釈ではない。

使い方・事例

困っている人がいれば力になってあげよう。「情けは人のためならず」というから、いつかは自分も救われる時が来るはずだ。

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)