その時辛くてもすぐに忘れるのことわざは?【喉元過ぎれば熱さを忘れる】意味と使い方を解説!

辛いことや苦しいことも時が経つと忘れてしまうという意味のことわざは「喉元過ぎれば熱さを忘れる」です。

喉元過ぎれば熱さを忘れる

意味

辛いこと・苦しいことも、時が立つと忘れてしまうということ。

解説

どんなに熱いものでも、飲み込んでしまえば熱さを感じなくなることから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)