最後のほうが良いものがあるのことわざは?【残り物には福がある】意味と使い方を解説!

人が取り合った後の最後に残ったもののほうが実は意外と良いものがあるため、遠慮深いの人の方が得することがあるという意味のことわざは「残り物には福がある」です。

残り物には福がある

意味

人が取り合った後の品や最後に残ったものには意外によい物がある。遠慮深い人には思いがけない幸運がやってくることがあるということ。

解説

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)