手応えがなく効き目がないのことわざは?【糠に釘】意味と使い方を解説!

何の手応えがなく、まるで効き目がない、どんなに頑張っても意味がないという意味のことわざは「糠に釘」です。

糠(ぬか)に釘

意味

何の手応えもない、まるで効き目がないこと。

解説

ぬかのような粉に釘を打っても効かないことから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

「暖簾に腕押し」「豆腐にかすがい」「馬の耳に念仏」「馬耳東風」

反対語(反対の意味のことば)