努力せずに利益を得るのことわざは?【濡れ手で粟】意味と使い方を解説!

苦労や努力をせずにたくさんの利益を手に入れるという意味のことわざは「濡れ手で粟」です。

濡れ手で粟(あわ)

意味

苦労や努力をせずに、たくさんの利益を手に入れるということ。

解説

粟は稲の仲間の植物で、実はとても小さく簡単に手にくっついてしまうことから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

「棚から牡丹餅」

反対語(反対の意味のことば)