“三人寄れば文殊の知恵”

三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵

意味

難題でも人が三人集まって相談、考えれば、優れた考え・アイディアが生まれるということ。

解説

文殊というのは文殊菩薩。お釈迦様の弟子である文殊菩薩は仏教の中で最も知恵のある菩薩といわれている。普通の人でも三人集まれば文殊菩薩の知恵のように素晴らしい考えが浮かぶものだということから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)