離れてしまうと親しさが薄れていくのことわざは?【去る者は日々に疎し】意味と使い方を解説!

どんなに親しかった人でも遠くに離れてしまうと、だんだんと親しさが薄れていってしまうという意味のことわざは「去る者は日々に疎し」です。

去る者は日々に疎し(うとし)

意味

親しかった人も遠くに離れてしまうと、だんだん親しさが薄れていくものであるということ。

解説

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)