“急いては事を仕損じる”

急いては(せいては)事を仕損じる

意味

物事を急いでやると、かえって失敗する。慌てると失敗する。じっくり考えて落ち着いて行動したほうが成果が出るといういう意味。

解説

「せく」は焦る、急いでやるという意味。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

「急がば回れ」

反対語(反対の意味のことば)

「先んずれば人を制す」「善は急げ」