大きな物は小さい物の代わりになるのことわざは?【大は小を兼ねる】意味と使い方を解説!

大きな物は小さい物の代わりに使うことができることが多く、大きい物のほうが使い道がよいという意味のことわざは「大は小を兼ねる」です。

大は小を兼ねる(かねる)

意味

大きい物は小さい物の代わりに使うことができる。大きいものの方が使い道が多いということ。

解説

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)