利益を得る前から使う計画をするのことわざは?【取らぬ狸の皮算用】意味と使い方を解説!

まだ収穫や収入を得ていないにも関わらず、もらったことを見越して、あれこれ使う計画を立てることという意味のことわざは「取らぬ狸の皮算用」です。

取らぬ狸の皮算用(かわざんよう)

意味

当てにならない収穫、収入を見越してあてにすること。まだに手に入れていないうちからあてにして、儲けを計算したり、あれこれ計画を立てたりすること。

解説

まだ捕まえていない狸の皮を売ったら、いくらになるかと儲けの計算をすることから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)