身近なことは案外気づかないのことわざは?【灯台下暗し】意味と使い方を解説!

身近なことは案外気づかずかえって分かりにくいという意味のことわざは「灯台下暗し」です。

灯台下暗し(もとくらし)

意味

身近なことは案外気づかず、かえって分かりにくいこと。

解説

「灯台」はまわりを明るくさせることができるが、すぐ下は影になってしまい見えづらいことから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)