“柳に風”

柳(やなぎ)に風

意味

相手が強い言葉や態度で向かってきても、それを上手に受け流すということ。

解説

柳は河辺などに生えている木で、その枝はとてもしなやか。どれほど強い風は吹いても柳の枝は風になびくだけで折れることがないことから。

使い方・事例

類義語(同じ意味のことば)

反対語(反対の意味のことば)